自分ブランドの磨き方ブログ

MBA、コンサル、本当に自分に必要?今の自分のブランド力で何ができるのか? 何を準備すべきなのか? 私自身の経験やさまざまな人たちとの交流を通じて、気づきなどをシェアして行きます

特徴のない人がリーダーに抜擢される悲劇

ビジネスパーソンにとって、組織の中で昇進すること目標でもあり、自分の業績が評価され、責任ある仕事を任されることで、自身を高めていくことを意味しています。そのため日々絶え間なく努力しているビジネスパーソンも多いことと思います。 しかし、現実は…

最強英語勉強法とは?

仕事、趣味など自分に最適なものは自分で探すしか無いと言われて、分かっているけどついつい他人の意見に惑わされてしまうこと、よくあります。昨日は第222回TOEICだったようですが、英語の勉強法もまた同じです・・。 私はというと、世の中にあふれる英語勉…

ヘッドハンターに3億円払う価値なし。人事部長に聞く2017

先日とある外資系大手企業の人事部長Aさんにお話を伺う機会がありました。戦後3番目の長さの好景気の最中にあるといわれているだけあって、Aさんの会社だけではなくどこの企業も人手不足のため、なかなか必要な人員を充足することができていないそうです。 …

人事評価はもういらない?

ノーレイティングという用語をご存じでしょうか? ノーレイティング(No Rating)とは、企業の人事評価制度において、毎年社員の業績に応じて、A、B、Cなどのように評価付けしていたレイティングを廃止することを意味します。 バブル崩壊を経て、失われた20…

権力者の後ろ盾

労働力不足が報じられ、中高年の求人も多くなり、これまで転職サービス業界でささやかれていた『35歳限界説』が、もはや崩壊と言われていること、そして労働の需要が増えたイコール転職しやすくなったわけではなく、いままで以上に選別は厳しくなっているこ…

在宅勤務を廃止する米国トップ企業

今年に入り、政府の推進に合わせ、各企業も取り組みを本格化させている働き方改革。今まで以上に、新聞、雑誌など様々なメディアで取り上げられています。 とりわけ、ICTを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を実現する手段として注目されている…

出世するリスク 出世しない幸せ

6月に入りました。梅雨とは無縁の天気が続きますが、梅雨の季節だけではなく、日本のビジネス界において6月は株主総会の多い大切な月でもあります。そのため、組織の改編や人事異動の季節でもあり、出世を意識しているビジネスパーソンにとって心穏やかでは…

新卒入社の会社が人生に影響。MBA取っても苦しむ人

慶應大学の中室教授によって、実は学歴で年収は変わらないという研究もされ、学歴高いと年収も高くなると言えなくなってきました。とはいえ、学歴はあくまでも変数要素の一つで、実務や他の要因も磨かなければならないよねというのがビジネスパーソンの共通…

「なんで私が英語ペラペラに」戦略は機能するか?

電車に乗っていると、車内広告には必ずと言っていいほど英会話スクールの広告が目につきます。ECCやGABAといった大手から中堅まで様々なスクールが車内広告を展開しているのは、それだけビジネスマンや学生をはじめ、英語が話せるようになりたい日本人による…

女性管理職比率8%は少ないか?

ついにゴールデンウィークの最終日がやってきてしまいました。明日からのいつもの日常に戻る決心がつかない人も多いのではないでしょうか? 日ごろ家事に、育児に、追われている仕事を持つ女性の同僚の充実した長期休暇の投稿を見ていると、こんな記事が。 s…

出る杭はママ社員に打たれる

4月は新入社員を受け入れる季節でもあると同時に、異動による新たなメンバーを受けいる時期でもあります。異動によって、見知らぬ土地でチャレンジする人もいれば、今までとは全く異なる環境で仕事に臨まねばならない人もいます。 大手企業に勤めるWさん(女…

リーダーシップ発揮しないと、内定ゼロという誤解

就職活動の時期ということもあり、学生から様々な問い合わせを頂くことが多いのですが、社会人歴の長いプロフェッショナル、新社会人、そして、学生、それぞれの世代の考え方がこうも違うのかと驚かされます。 たとえば、リーダーシップについての考え方がそ…

入社式直前、入社を辞退した人

新年度も2週目に入り、新体制の元、いろいろなことが本格的に動き始めているのではないでしょうか?新社会人も、新入社員集合研修を終え、さっそく各部門に配属された人もいれば、引き続き生産現場などでの実習を開始した人など様々でしょう。 しかし、その…

グローバル化、帰国子女。ほんとうに自社に必要なの?

オフィス街のあちこちで、入社したばかりの新入社員の姿が見られるようになりました。そして、一方で3月に解禁された今年度の就活学生の姿もみられます。大学の就職課の方のお話では、今は売り手市場であるものの、多くの内定を得られる学生と、内定ゼロの学…

「非正規雇用=かわいそうな働き方」か?

www.nikkei.com この記事にあるように、本日、政府は長時間労働の是正をはじめ、同一労働・同一賃金を導入する関連法案の提出を目指すことを盛り込んだ実行計画をまとめました。そのうちの一つである、同一労働・同一賃金を導入については考え込んでしまいま…

仕事ができるのに昇進できない人

仕事ができる=出世と考える人は多いのでしょうか?このように考える人は意外と多く、本人の自覚のないまま、仕事さえできれば、何を言っても、何をしてもいいという組織の困った人になってしまっている人もいます。 転職求人には、若手採用、中堅採用、そし…

英語話せない日本人 vs 日本語話せない未経験外国人

日本ではなかなか定着しないプロフェッショナルSNSのLinkedIn。パナソニックなど日本の大手企業もリクルーティングツールとして活用し始めたとはいえ、登録者の大半は外資系に勤めるビジネスパーソンです。LinkedInには個人の経歴を公開していることもあり、…

40歳以上転職に最も効果的な方法

以前ほどアベノミクス効果で景気がいいという実感は薄れたものの、コンタクトしてくるヘッドハンターは口をそろえて、「中高年への求人は増えている」と言いますが、果たして本当でしょうか? 人材紹介大手の某社のヘッドハンターによると、「40~50代の求人…

会社は誰のものか

ある集まりで、権利ばかり主張する部下に困っているというマネージャー職の方から、「会社は誰のものなんだ?」と質問されました。とっさに、 「株主が企業を所有し、支配することから企業は株主のもの。」 と答えたのですが、彼の会社の従業員は、決してそ…

新卒就活生に受け継がれる誤解

最近就活を控えた大学生と接する機会が多くなったのですが、3月に大手の就活サイトが一斉にオープンすることから、いよいよ就活が本格化するようです。といっても、すでに学生達は、自己分析や業界研究を終えており、準備万全で、実際の選考フェーズが開始す…

東芝を辞めたくても辞められない人々

総合電機の東芝が解体の危機に瀕しています。Newspicksをはじめ各メディアを見ると半導体売却2017年末まで先送りは正解とか、原発を早く売却して経営の立て直し急務とか色々と意見が飛び交っています。 そういえば、2006年ごろの西田社長時代の原発・半導体…

脱サラ、弁護士、士業の成功に必要なスキル

就職したが仕事が自分に合わなかった。リストラに指名され、会社勤めより資格で食っていく。このように、世代に関係なく、サラリーマンを辞めて資格を取得、独立したいというニーズが高く、過去10年間250万人~300万人の方が資格取得にチャレンジしています…

入国禁止とトランプの行動力

トランプ大統領就任から2週間しか経っていないにも関わらず、連日トランプ大統領とアメリカに関するニュースを見ない日はありません。世界や国内の自身の考えに対する反対派との衝突を繰り返しつつも、自分の信念を曲げず公約を次々と実施していく姿は、さす…

出世は運か?

自分が管理職に昇進するその日まで、いかにスキルを高め、いかにリーダーとしての素養を高めていくか。このブログでもたびたび取り上げるテーマです。 バブル崩壊以降、意思決定を迅速化するという大義のもと行われている組織のフラット化や、より効率的なマ…

ヘッドハンターの甘い誘惑 海外勤務編

トランプ大統領のメキシコ国境に壁を設けるという移民政策、イギリスのEU離脱やヨーロッパの極右政党の勝利など、いずれも移民に対する寛容さを捨て、自国民の利益や雇用が第一だという考えが支配的になりつつあります。今、海外で活躍したい、自分を試して…

トランプ政権閣僚をお手本にする

ついにドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統領に就任しました。就任前から、トヨタ自動車のメキシコ工場建設を批判したり、ドルが高すぎると貿易相手国を為替操作国だと批判したりと、これまでの政治リーダーにはない、トランプ氏の予測不能な発…

「高齢者」の定義引き上げと我々の雇用への副作用

昨年末、内閣府が「高齢者」の定義を70歳以上に引き上げるよう提案するというニュースがありました。年が明けても、70歳以上引き上げの影響について、週刊誌をはじめ様々なメディアで取り上げられていることから、このニュースのインパクトの大きさがうかが…

センター試験の日に学歴とキャリアを考える

昨日今日と今年一番の寒さと大荒れの天気の中行われたセンター試験。大雪来る来ると言いながら東京は空振りで受験会場が東京な受験生はホッとしていたのではないでしょうか?今日は、今後の人生に大きく影響を及ぼす大学受験の第一関門が行われた日なので、…

リストラを提案する人材紹介会社

業界大手3社に加え、中小、そしてLinkedInを通じた個人のヘッドハンターなどが入り混じる人材紹介(ヘッドハンティング業界)ですが、近年新事業への進出など模索しています。その事業の一つが、企業に人材をリストラすることで経営基盤を強化するように提案…

外国人上司とのコミュニケーション戦略

グローバル企業に勤めていれば、日本企業、外資系企業問わず上司が外国人ということも珍しくなくなりました。日本企業のオリンパスでも前社長はイギリス人でしたし、外資系企業の場合、本国の本社より派遣されてくることも頻繁にあります。しかし近年、日本…

休暇取得 権利と配慮

今年もあと数日。大半の企業が29日に仕事収めではないでしょうか?中には、年明け4日、5日、6日を休んで、11連休という人もちらほら聞きます。外資系ですと海外がクリスマス休暇で業務にならないので、もう一週前にも有給を使い、2週間以上休暇という人もい…

活躍のチャンスを活かせない人

今朝のNHKあさイチの特集は”女性リアル 年末SP“オンナ×働く”モヤモヤ大特集”でした。その中で、政府は一億総活躍社会を掲げ、女性の活躍を求めているけれど、当の女性たちは活躍という言葉に戸惑いを感じているという内容。驚くことにNHKが行ったネットのア…

「商社の英語」で話せるようになる?

週刊ダイヤモンド12/10号特集は「商社の英語」。毎年定期的に投入される英語特集ですが、今回は英語ができないと人扱いされないと言われる”商社”だからこその英語勉強法が紹介されるではと期待させるタイトルです。 しかし、肝心のコンテンツはタイトルに”商…

出世レースを外れていく若者

会社組織におけるリーダーとして選抜されるかどうかの評価基準には、仕事ができる、人望ある、パーソナリティーなど様々な要素が考慮されます。しかし、その要素の中でも、これから選抜される、もしくは、選抜の見込みがない非幹部社員が見落としている、経…

在宅勤務はサボりの温床?

昨日の日経に、味の素が本体の全社員を対象に在宅勤務制度を2017年4月に導入、管理職は週1日の利用を義務化するという報道がありました。 www.nikkei.com 在宅勤務制度自体は、用事や介護、育児などの負担を抱えて働くビジネスパーソンにとって魅力的な制…

ヘッドハンターに見切りをつけ始めた企業

これまで、人材紹介会社に所属するキャリアコンサルタントや個人で活動するヘッドハンター(以降まとめてヘッドハンターとします)について何度か触れてきました。実は最近、これまでの書類の送付と処理だけのヘッドハンターを介した採用プロセスから脱却し…

優先席譲れ 高齢者と若者の口論

優先席を譲れ、譲らないで口論となり、その様子を撮った映像がネットにアップされています。ネット上では、その高齢者の高圧的な態度や、プライバシーを無視し動画をアップした若者、双方に批判や擁護の論争が繰り広げられています。 確かにこの映像だけ見る…

育休とってパパ無職の違和感

病気の奥さまのサポートのため育休一年とったら、部署たらい回しの果てに、退職を選んだというブログが話題です。私の周囲でもブログ主さんへの同情と企業や制度批判を発信しており、私も何事かと思い拝読しました。 www.papanda-life.com ここに書かれてい…

外資系エリートの転落パターン 

強弁など使い自分の意見をいかに採用させるかで、外資系会社生活は大きく変わると思われています。流行りのロジカルシンキング、ハーバード/マッキンゼー流を振りかざし、もっともらしく、周りの反論も抑えつけながら、自分の主張を通していくことが必要だと…

老害とキャリア設計

秋晴れの週末、行楽地に出かけると外国からの旅行者も多く見られました。話かけてみると中には50歳ぐらいでリタイアして、日本に旅行に来ている方もいて、日本の中高年と人生設計が違いを考えさせられたりしました。 ki44fukushima.hatenablog.com では、終…

トランプ大統領 予測と統計学

前回2012年の米大統領選の結果を正確に予測した、「天才統計学者」と呼ばれる米国人ネイト・シルバー氏(38)は、今回の大統領選で、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官が勝利する確率を86.2%、共和党候補のドナルド・トランプ氏を13.8%とはじい…

優秀じゃないのに出世する人

優秀なのに解雇される人がいる一方で、「あれ?」と思うくらいのパフォーマンスでも本部長や部長といった要職で中途入社されてくる人がいるのもまた、外資系の不思議なところだったりします。 ki44fukushima.hatenablog.com 近頃のビジネス誌では、海外有名…

グーグル検索結果の削除 認めない判決

昨日、振り込め詐欺で有罪が確定した男性が、グーグルに対して事件に関する検索結果の削除を求めた裁判の判決が言い渡されました。裁判を担当した東京地方裁判所は、「社会的な関心が高く、男性のこうむる不利益のほうが大きいとはいえない」として、訴えを…

カムバック制度採用って

失われた20年の間に新卒採用の抑制などにより、従業員の年齢構成構成がいびつになり、団塊の世代が大量定年を迎える2012年問題が叫ばれてから4年。各社迫りくる労働力不足を補うために、転職などで退職した従業員を再雇用するカムバック制度をしはじめニュー…

電通自殺とマスコミ

過労からくるうつが原因で自殺した電通社員のニュースが連日報道されています。このニュースで流れるたびに、これほどまでに報道を加熱させるマスコミにに違和感を感じていました。どうしてこれほどまでにマスコミが取り上げるのか?ネットでは、自殺した社…

留学しないでMBAを取る

書店に行くと、「ハーバードビジネススクールの~」「スタンフォードの~」というタイトルの本が多数並んでいるように、未だビジネスパーソンに根強い人気のあるMBAですが、何もハーバード、スタンフォードのビジネススクールだけが、MBAではありません。 ア…

従業員満足度調査に潜む真実

日本企業、外資系企業問わず、従業員の働きやすさ向上のため、定期的に従業員満足度調査が実施されます。会社が従業員の本音を的確に把握するため時には匿名で実施されることもあります。そして、その内容は、直属の上司に対する評価、給与への満足度、自身…

事務代行レベルのヘッドハンター

ヘッドハンターとの付き合い方について、 ki44fukushima.hatenablog.com を書いた後、こんなヘッドハンター(キャリアコンサルタント)はどうなのか?アリなのか?という質問や相談をいただきました。今日は、その中でも、いるいる!という代表的な事務代行…

激増する外国人留学生とキャリア

以前、社会人が大学院に行くことはキャリアにプラスになることを以前書きました。 社会人大学院 - 自分ブランドの磨き方ブログ では、大学院に行ってどのような人たちとともに学ぶのでしょうか?独立行政法人日本学生支援機構の調査によると、日本の大学院も…

外国人労働者が仕事を奪う?

数千人といわれるリストラを実施し、さらに中国企業の傘下のもと、経営危機から復活を図ろうとしているシャープ。ほんの数年前に、三重にある亀山工場の液晶テレビのブランドを確立し、テレビシェアを拡大していたのがうそのようです。 そのシャープ三重工場…